起こりがちなスマートフォンの故障の見極め方をご紹介します!

スマートフォンが壊れても、修理可能な症状とはどんなもの?

その水没、どう対処すればいいの?

スマートフォンの水没は、ある種、スマートフォンの故障の中で一番身近な故障かもしれません。中でも厄介なのが水没。特に多いのがトイレでの水没ではないでしょうか。

平常心のときでも慌ててしまうのに、酔っぱらっているときのスマートフォンの水没だと、パニックになってしまいますよね。そんなとき最低限の対処の仕方さえ覚えておけば、修理に出すかどうかの見極めが可能です。

しかしここで間違った対処をしてしまうと、修理にすら出せなくなるので水没後の対処はしっかり理解して置いてください。

まずはスマートフォンの電源を落としましょう。次にしっかりと水分をふき取りましょう。その後、自然乾燥させてください。

間違えても、水気をなくすためにスマートフォンを激しく振ってはいけません。
スマートフォンを振ることで水分が塗れていない隙間にまで入り込んでしまう可能性があるからです。それでも反応がない場合は、修理に出してください。

液晶割れした場合すぐに修理に出しましょう

水没と同じほど多い故障が、液晶割れではないでしょうか。液晶割れも普段からスマートフォンの取り扱いに注意すれば防ぐことができる故障といえます。

殆どの方が実行されていると思いますが、まずは液晶に保護フィルムを貼りましょう。あとスマートフォンのカバーを手帳型にして、少しでも落下の衝撃から守りましょう。しかしここまで事前準備をしても、液晶割れをするときはしてしまうもの。

ですから次にその最悪の場合をまずは想定したうえで、データのバックアップを取るようにしましょう。しかしそこまでしてもやはり液晶割れしてしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

絶対にしてはいけないことは、「液晶割れをそのままにして、スマートフォンを使い続けること」。よく液晶が割れたまま使い続けている方がいますが、このままにしておくと携帯はいずれ使えなくなってしまいます。液晶割れした場合は、至急修理に出しましょう。