起こりがちなスマートフォンの故障の見極め方をご紹介します!

スマートフォンが壊れても、修理可能な症状とはどんなもの?

不注意から起こることとは言え、「水没」と「液晶割れ」の経験がある方はかなり多くいらっしゃることと思います。またおそらくそれらの経験をしている方は、1回だけではなく、複数回それらの経験をされている場合が多いようです。 ここではその水没と液晶割れの修理の見極めについて、ご紹介します。

ホームボタンの修理とインカメラの交換も対応は可能?

ホームボタンは押さないとスマートフォンの操作ができないから毎日押していますが、元々押し心地が良くないこともあり、故障か否かの判断が難しいですよね。 同じくインカメラも名称の通り「イン」している「カメラ」ですが、こちらも故障かどうかの見極めが、正直困難です。 ここではそれらのことについてお伝えします。

音量と電源の接触不良には、どう対処すればいい?

よく相手の声が聞き取れないときに限って、音量ボタンに故障の疑いがあったり、充電がかなりピンチなときに接触不良だったり…なんて経験はありませんか? しかしそれらをすぐに故障と判断するのはお待ちください。ここではそれらの故障の見極め方をご紹介します。

水没も液晶割れも修理は可能?

おそらくスマートフォンを壊したことがないという方を見つけるのが困難なほど、誰もがスマートフォンで何かしらの故障なり破損なりを経験されていることと思います。その中でも特に多い故障が、「水没」「液晶画面割れ」「落下」ではないでしょうか。

それらの故障に共通しているのが、「個人の不注意が原因であること」でしょう。つまり本人が気を付けていれば発生しない故障になります。ですから「可能な限りスマートフォンの取り扱いに注意すること」が故障の一番の対策になるのではないでしょうか。

しかし分かっていてもこれは意外と難しいことになります。そこで予防線を張る意味も込めて、「どれくらいの症状ならば、スマートフォンを修理に出さなくても大丈夫かどうかの判断基準」を知っておくのも一つの有効な手段だと思います。

その理由はスマートフォンを故障させた経験がある方ならばすぐに分かると思いますが、故障したスマートフォンの修理は時間もさることながら、かなり手間がかかるからです。

もしかすると人によっては、携帯電話の契約先にスマートフォンの故障の相談に行くと「たらい回し」にされている感覚をもってしまうほど時間の事態になる可能性が否めません。

ここでは日常生活でスマートフォンを使っていると故障になる可能性が高い「水没」「液晶画面割れ」「ホームボタン修理」「インカメラ交換」「充電コネクタ接触不良の修理」「音量ボタンの修理・交換」の修理に出すかどうかの見極め方についてご紹介します。